連帯保証人として

男性

連帯保証人になると本人と同じ責任が生じるため、気軽になってはいけないと言われることも少なくありません。そのため、賃貸物件に入居する際に必要な連帯保証人を見つけられないと困ってしまっている人もいます。その場合、賃貸保証会社を利用すればもしも連帯保証人を見つけることができなくても、賃貸物件に入居することができます。だから、誰かに頭を下げて連帯保証人になってほしいとお願いする必要も全くありません。また誰にも知られることなく賃貸に入居したいというときにも、賃貸保証会社を利用すれば自分だけの手続きで全てを終わらせることもできます。したがって、賃貸保証会社は連帯保証人の代わりとして利用しますが、その場合、だれかに知られる事なく賃貸に入居したいというときにも活用しやすいサービスとなっています。

会社の仕組みと受けられるサービス

女性

賃貸保証会社はその名の通り、賃貸物件に入居するときに利用する保証会社のことで、利用の際は利用料を払う必要があります。ただその料金を払えば家賃をもし滞納してしまったとしても代わりに払ってもらえるし、様々なサービスを受ける事もできます。もちろん立て替えた分は後から回収されますが、家主としても家賃が回収できないというリスクが少なくなるので利用するメリットは十分あります。また実際には家賃だけでなく、部屋の原状回復やハウスクリーニング、鍵交換費用や残置物撤去などもそのサービス内容になっている場合も少なくありません。また法的手続きの費用なども保証範囲となっているところもあるので、訴訟が起きた場合でお対応してもらうことができます。したがって現在では賃貸保証会社を利用する賃貸物件も増えてきており、利用がその物件の入居条件となっているところも決して珍しくありません。

利用する際の費用

男女

賃貸保証会社は無料で利用できるというわけではなく、もちろんその利用料金を払うことになっています。その料金のことを保証料と呼び、物件やその利用する賃貸保証会社によっても違っていますが、だいたい家賃の半月分とか1ヶ月分などとなっています。また家賃に関係なく1万円から3万円程度という固定費になっていることもあるので、あらかじめどれくらいの保証料になっているか調べなければなりません。また、入居時だけに払えば良いものではなく、一般的には賃貸物件の契約更新時にもその都度払う必要があります。その際の保証料は入居したときよりも安くなっている場合が多いのですが、1回利用できたら今後ずっと利用できるとは限りません。